外出に付き添う看護サービス

病気や怪我などで療養中に外出や旅行に行きたい。そう思う人はたくさんいるでしょう。しかし、外出先や旅行先での医療行為や看護に対しての不安があり、行きたくても行けないという人も多いでしょう。

実は、こういった悩みを持っている人たちに向けた看護サービスがあるのです。病院とは別の施設で行っていることが多いのですが、そこで勤務している看護師が、外出をしたい患者さんの要望と患者さんの主治医との両方の意見をしっかりと聞き、可能な限り患者さんの希望に添えるようにするサービスです。看護料金はサービスを提供する施設によっても違いますが、1時間1万円ほどとなっています。旅行などで24時間以上にまたがるときは、1日10万円ほどで看護してくれることもあります。また、サービスを提供する施設から利用者宅までが遠く、付き添いする看護師に宿泊が必要になった場合などは宿泊代も別途料金が化せられることもあります。

若干高いようにも感じますが、今まで出先で不安を感じ外出をためらっていた方々には最適なサービスと言えるでしょう。買い物へ行きたい、孫の運動会が見たいなどというちょっとした外出から、海外で挙式する孫の結婚式に参加したいなど、様々なシーンで需要が高いサービスです。ただし、頼んだ後にキャンセルするとキャンセル料が取られることもありますので注意が必要です。トラブルを招くことなく気持ちよく外出するためにも、利用するサービス提供施設の料金等については予め良く調べておくようにしましょう。

今や日本は高齢者大国とも言われるようになっています。そんな中、こうしたサービスの需要はますます高まることでしょう。医療従事者不足や社会保障費の増大など、高齢化社会によって引き起こされる問題はもはや他人事ではありません。多様化するサービスの裏で進む高齢化社会という問題について、私達ももう少し真剣に考えなければならなくなってきています。看護師という立場からこの問題について考えられているサイトがありますので、よければ読んでみて下さい。>>>http://kangoshimesen-koureikashakaitaisaku.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です